着物知識

着物買取と着物の種類についてまとめてみた:小紋

投稿日:

着物にも多くの種類とそれぞれの格があります。

まず第一礼装と呼ばれている最も品格のあるものは打掛、黒留袖、本振袖、喪服などを指し、結婚式やお葬式など正式な場で着用することのできる正装となります。
その次に略礼装着としてあげられるものは色留袖、訪問着、振袖、色無地、江戸小紋の紋付などでこれらも結婚式などでも着用はできますが第一礼装と比較するとカジュアルになります。

そして外出着である付け下げや、小紋、紬の訪問着、無地の紬、絞り、お召、更紗などに関しては街へ出かける程度の装いとなります。
最も格の下である 紬、絣、黄八丈、ウール、銘仙、木綿、浴衣は普段着として着用します。

このように様々な種類がありますが着物買取に関しては各だけではなく小紋などの外出着であっても状態が良かったり生地の織り方が特殊であるような場合であれば着物買取において高価買取も期待できます。

-着物知識

Copyright© 着物買取比較ネット , 2018 All Rights Reserved.